社労士受験生

のみなさんにとっては直前期ともいえる時期。
出題範囲がめっぽう広く、それぞれの科目で微妙に異なる定義や言い回し。過去問を解いても、法改正で正解が変わることもある。白書対策にも時間が必要だし、肝心要の年金は記憶の中から消えていきそう・・・
この時期は、頭の中がぐるぐる回って、結構何から手をつけていいのか分からなくなる人も多いと思う。

私の経験から言えば、この時期には改めて学習計画を組立直すことをおすすめしたい。8月22日の本試験までどれくらいの時間を学習に充てられるのか算出し、その上で最低限やっておかなければならないことを優先順位をつけて、それぞれどのくらいの時間が必要か、割り当ててみる。意外と時間がないことに気がつくはずだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ゆりっぺ
2011年07月16日 03:11
40代半ばの会社員をしている主婦です。主人からいわれ一念発起して社労士を目指すことに…。とりあえず2年後の受験をみすえて勉強を始めることにしました。
これから、このブログをブックマークして支えにしたいと思っています。よろしくお願いします。

この記事へのトラックバック