労務問題

の深刻化がすすんでいる。労働者と会社が対立し、紛争に至るケースが増えているのだ。

私の所にも、労働者や使用者からFAXや、メールが送られてくるくらいだ。あまり労務問題を表だって営業しているわけではないのだが。
昭和から平成へ変わってずいぶんになる。昭和の時代は、会社は家族のように社員を守った。しかし、法律が変わり、正社員・パートだけの雇用関係から、派遣や請負など、多様な労働関係が生まれた。同じ仕事をしていても、給与に差がある。職場の中が、ぎすぎすしてきた。成果を求められ成果が出ないと辛辣な言葉で殴られる。

1年間に100万件を大きく超える労使紛争。早期に解決するための手段の一つは、職場のルールを今の時代に合わせた内容に見直すことだ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック